本宮山メンヒル
幅約8m・高さ約6m。
大分県大分市本宮山本宮神社にある古代祭祀跡。
正南面に向かって覆い被さるような配置は荘厳な印象がある。
現在の神社が成立するはるか以前から西寒田大神の依代として祭祀されていた。
全体的にピラミッド型に組まれており、そのバランスは美しい。
この岩質は風変わりで、いろいろな種類の小石をコンクリートで固めたような感じである。いわゆる「さざれ岩」というものであろうか。
裏側から見るとピラミッド型に面取りされているのがわかる。
祭祀場から数段続く大岩を下った所にある湧水。現在もここの湧水を供えての祭儀が斎行される。
BACK