押戸の石石群



熊本県南小国町にある巨石群



この丘陵標高845mの地に「押戸の石」(おしとのいし)といわれる大小の石群があります。
最大のものは高さ5.5m、周囲15.3mの巨岩で、ピラミッド型をしています。
伝説では鬼が夜な夜なこの山でいしなご(お手玉)をして遊んだ石といわれております。
人為とも思える石の配置から太古の遺跡ではないかと推定されています。
大岩には約4000年前のシュメール文字がペトログラフ(岩刻文字)として刻まれていて、他の石群と共に興味深い謎を秘めております。
(南小国町教育委員会)



ペトログラフ


BACK