鯛釣り石



平成元年7月、大分自動車道別府〜湯布院間建設に伴い、 余りにも巨石のため安全祈願ののち其の大部分を取り除き、 この場所に永久保存したものと説明されている。
当初破壊される予定であったが、当事者に事故が相次いだため、 やむなく保存が決まったという経緯も伝えられている。
保存されたのは幸いだが、巨石はその場所が重要なのである。

それにしても、海岸までは6kmほどあるのに、「鯛釣」とはこれいかに。

BACK